MarkLogic Industry Hex bg

製薬データを効果的に活用

MarkLogic は、研究開発やサプライチェーンからファーマコビジランス、リアルワールドエビデンスの生成まで、製薬企業がすべての医薬品データを低コストで迅速に取り込み、アクセスし、インサイトを得ることを可能にします。

ML Industry Life Sciences

データを効果的に使用してインサイトを促進

新薬の開発には10年以上かかり、数十億ドルの費用がかかるため、今日の製薬会社は製品をより早く市場に投入しなければならないというプレッシャーにさらされています。しかし、そのためには、製薬会社はまず、より多くのデータを活用することを妨げる次のような重要な課題を克服する必要があります。

内部データソースと外部データソースの両方からの大量の可変データの管理が困難

データ統合とモデリングのプロセスに時間がかかり、手作業で作業することが多いため、データサイエンティストとビジネスインサイトが妨げられる

サイロ化されたシステム全体のデータガバナンスとセキュリティが管理不能になり、システミックなビジネスリスクをもたらす

複数のソースやドキュメントからの回答を合成することの難しさ

MarkLogic データハブサービスが
製薬会社の研究開発効率化に貢献

The MarkLogic Data Hub Service for Pharma R&D

このハブは、最大限利用可能な研究開発データに容易に一か所からアクセスでき、10倍高速な医薬品データ統合を実現し、コラボレーションと発見を促進します。

データハブサービスの詳細はこちら

「コスト削減や効率性という点で運用上の利点を引き出し、分析においてはリスク管理に役立つように、より優れたレポートメカニズムを考案しました。」

Alice Clare Augustine 氏

タクソノミー管理部長、アムジェン社

短時間、低コストですべての製薬データを統合

未来の R&D プラットフォームで創薬を加速

FDA または CE の承認後も、製薬会社は患者、医療提供者、保険会社に対して医薬品の価値を証明しなければなりません。MarkLogic の将来を見据えたアジャイルなデータテクノロジーは、製薬会社の開発サイクルを短縮し、新薬開発を加速させます。

詳細

有害事象の検出を迅速化

MarkLogic のオペレーショナルデータハブは、医薬品ライフサイクルのあらゆる段階で有害事象の検出を強化し、製薬会社が規制上の障害や高額な罰金を回避し、患者と規制当局の両方から評判を守ることを可能にします。

詳細

断片化された医薬品サプライチェーンの可視性の向上

製薬メーカーは、断片化されたサプライチェーンの可視化と管理に苦労しており、安全な医薬品を患者に提供し、規制上の義務を遵守する能力が損なわれています。MarkLogic のデータハブで、より迅速なデータ活用とよりシンプルな監視を実現できます。

詳細

リアルワールドエビデンス

ライフサイエンス企業にとって、リアルワールドエビデンス (RWE) の取り組みは、医薬品や医療機器の臨床的・経済的価値を実証し、それらの製品をより早く市場に投入する絶好の機会となります。

RWE (リアルワールドエビデンス)

関連リソース

default whitepaper thumbnail ホワイトペーパー
ホワイトペーパー

The Opportunity Of Real World Data

詳細
MarkLogic Prefooter Banner

詳細についてはお問い合わせください

MarkLogic がデータの課題に対するソリューションをどのように提供できるかをご自身でご確認ください。何かご質問がお有りの場合は、当社の担当までお問い合わせください。