多数のファイル転送手法が混在していたミルウォーキー郡で、ファイル転送を MOVEit に一元化

業種:
行政機関
製品:
MOVEit

課題

ミルウォーキー郡は、保健福祉サービス、住宅都市開発、公園とレクリエーション、運輸、公安、裁判所など、広範囲に及ぶ様々な行政部門を通じて、それぞれ異なる背景を持つ、すべての年齢層の住民に対して、誇りをもってサービスを提供しています。ミルウォーキー郡のような大規模な組織にとって、テクノロジーは何よりも肝要です。多数の住民に効率的にサービスを提供するためには、優れたテクノロジーを利用する必要があります。

ソリューション

郡には以前から FTP 機能はありましたが、ファイル転送を一元管理するためのエンタープライズソリューションを探すことにしました。要件は、ミッションクリティカルなデータ転送をサポートするだけでなく、そのデータを追跡可能にし、HIPAA などの規制に準拠できるよう、データを安全に保護できる単一のソリューションを実装することでした。多種多様なデータシステムとプロセスを迅速にシステムに取り込んで統合する機能が最も重要でした。

結果

Progress® MOVEit® を導入すると、ミルウォーキー郡の IT 部門は、すぐに以前との違いを実感しました。毎日、色々な部門が MOVEit を使い始めるようになり、ファイルを手動で転送したり、環境とシステム間のファイル転送を処理するためにアプリケーションでコードを記述したりする必要がなくなったことに満足しています。

事例の詳細

課題

1835年に創設されたウィスコンシン州ミルウォーキー郡には、100万人近くの住民が住んでおり、米国で37番目に大きな地域経済の中心地です。ミルウォーキー郡は、保健福祉サービス、住宅都市開発、公園とレクリエーション、運輸、公安、裁判所など、広範囲に及ぶ様々な行政部門を通じて、それぞれ異なる背景を持つ、すべての年齢層の住民に対して、誇りをもってサービスを提供しています。

ミルウォーキー郡のような大規模な組織にとって、テクノロジーは何よりも肝要です。多数の住民に効率的にサービスを提供するためには、優れたテクノロジーを利用する必要があります。それぞれの部門で、データを収集および転送するために独自のプラットフォームとソリューションが開発されていたのは、ある意味当然のことだったとも言えます。ミルウォーキー郡のアプリケーション担当 IT 部長である Ryan Schmidt 氏は、就任した直後に郡のシステムを、次のように評価しました。「わかった限りでは、あらゆるところにたくさんのサーバーがあって、SQL ジョブからデスクトップジョブ、COZYROC まで、様々な異なるプロセスのデータフィードが、多様なスケジューラーを使用して、開始されていました。」

情報管理サービス部門は、この非効率性を解消するため、データ転送を合理化することを決定しました。Schmidt 氏は、「保存したり、転送したりしなければならないデータが大量にあるので、数十ものシステムを1つのソリューションに統合するのが常識的な解決策だと思われました。」と、述懐します。

「MOVEit をほかのベンダーと比較してみたのですが、匹敵するものはありませんでした。」

Ryan Schmidt 氏

IT 部長, ミルウォーキー郡

ソリューション

郡には以前から FTP 機能はありましたが、ファイル転送を一元管理するためのエンタープライズソリューションを探すことにしました。要件は、ミッションクリティカルなデータ転送をサポートするだけでなく、そのデータを追跡可能にし、HIPAA などの規制に準拠できるよう、データを安全に保護できる単一のソリューションを実装することでした。多種多様なデータシステムとプロセスを迅速にシステムに取り込んで統合する機能が最も重要でした。複数のベンダーを徹底的に評価した後、Schmidt 氏の部門はプログレスの MOVEit を選択しました。Schmidt 氏は、次のようにコメントしています。「すべてを評価したことを覚えています。匹敵するものはなく、決定に迷うことはありませんでした。」

複雑なニーズを分析した結果、主なユースケースは、ERP、財務、人事の3つの領域に分類されました。「私たちはかなり迅速に動き、それらのユースケースに適用してみました。そして、それらを評価したところ、他のすべてのユースケースに対応できると判断できました。その機能性はうれしい驚きでした。」と、Schmidt は話します。

統合に関しては、MOVEit と共に、UNC 共有、SharePoint、AWS S3、SSH、FTP、および SMTP を使用しました。

結果

MOVEit を導入すると、ミルウォーキー郡の IT 部門は、すぐに以前との違いを実感しました。毎日、色々な部門が MOVEit を使い始めるようになり、ファイルを手動で転送したり、環境とシステム間のファイル転送を処理するためにアプリケーションでコードを記述したりする必要がなくなったことに満足しています。

MOVEit の突出した使いやすさは、特に高く評価されました。Schmidt 氏は、次のように述べています。「MOVEit は、実際に使用できるソリューションです。あらゆることをすべて実行できるソリューションも存在しますが、設定が非常に複雑であり、そのポテンシャルを本当に活用することができません。MOVEit の場合は、インストール直後に使用を開始することができました。」

ミルウォーキー郡のアプリケーションアナリスト III である Ilija Lukic 氏は、IT のほぼすべての領域に関して深い経験を持っていますが、氏にとって MOVEit はお気に入りのアプリケーションの1つになりました。「たくさんの機能がとても気に入っています。開発者としての私の感覚として、その API 機能を使用するのが待ちきれません。総合的に言って、MOVEit は、非常に堅牢で機能豊富なファイル転送ツールです。」

ミルウォーキー郡の IT 部門のタスクは現在、MOVEit が郡のファイル転送標準であるという認知を行き渡らせ、郡内のすべての部門に MOVEit を使ってもらうことに移っています。Schmidt 氏は、「誰かがファイルを転送しようとしているという動きをキャッチしたら、『あ、その方法はもう使わないでください。ここに持ってきてください。』と伝えます。」と話します。

IT 部門では、今後、MOVEit AutomationMOVEit Transfer全機能を調査し、必要に応じてモジュールを追加していくことを計画しています。PGP 暗号化モジュールは、そのようなモジュール候補の1つです。「来年には、使用量が簡単に3倍になるのではないかと想定しています。毎週、MOVEit にさらに多くのものを追加することについて話し合っています。どんなことでも、関係者の誰かが必要とするものを自動化できれば、素晴らしいです。頑張ってシステムの限界を押し上げることができるようにしたいものです。」

製品に関する詳細

MOVEit

継続して他の導入事例をチェックする

次の導入事例へ